aブログ

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎の痛みをよくするには?!

兵庫県明石市にある、スポーツ障害専門の整骨院

くにや整骨院 院長の高橋です。

今日もブログを読んでもらってありがとござます!!

 

今回のテーマはコレ!!

「アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎」

 

どちらもアキレス腱のあたりに痛みが出ます。アキレス腱自体の炎症をアキレス腱炎と呼び、アキレス腱を包む膜(パラテノンという組織)が炎症を起こすものをアキレス腱周囲炎と呼びます。

 

どういう人になりやすいのか

あらゆるスポーツでみられますが、とくに陸上競技の短距離、長距離やジャンプの多い種目であるバレーボール、体操競技、サッカー、剣道などに多くみられます。

 

症状

アキレス腱そのものやアキレス腱の周りに痛みや圧痛(触ったら痛みが出ること)があり、腫れやギシギシと音がすることもあります。

また、安静時より運動時の方が痛みは強いのですが、最初のうちは我慢して運動していると痛みが減ってきます。症状がひどくなってくると運動中にも痛みが持続し、運動後も激痛が続く場合があります。

 

発生メカニズム

アキレス腱とアキレス腱を包む膜(パラテノン)との間に摩擦が繰り返されることにより、アキレス腱の周囲組織に炎症が起こります。これがアキレス腱周囲炎です。これがさらに長期化・慢性化するとアキレス腱への負荷がさらに大きくなり、血流が障害されてアキレス腱炎が生じると考えられています。

また、思春期を過ぎるとアキレス腱の老化が始まると言われているので、青年期以降に発症した場合はこれも関わっているかもしれません。

 

原因

いわゆる使い過ぎ(オーバーユース)症候群の一つで、アキレス腱への負荷の増大と、その頻度の過大が原因になると考えられています。外反偏平足などの足部のアライメント不良やふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)の硬さなども原因となります。

 

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎のケアについて

セルフケアの方法

練習後のアイシング、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)のストレッチをおこないます。
アキレス腱にかかる負担を和らげるためにインソールを用いることも有用です。

当院での施術方法

くにや整骨院ではアキレス腱炎・アキレス腱周囲炎になった患者さんに対して、

  • アイシング
  • 足部の機能改善
  • ふくらはぎの筋肉のストレッチ
  • 物理療法(超音波、ハイボルテージ、など)
  • エクササイズ
  • セルフストレッチの指導
  • テーピング

といった施術を行い、痛みからの早期復帰を目指します。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎は痛みを取るだけでなく、足部の機能を改善して下肢全体の筋肉のバランスを整えることが重要です。根本の原因から改善して再発しない身体作りを目指します。

  • line