aブログ

色々試しても痛い、陸上競技の腰痛の原因とその対策

スポーツ外傷・障害を専門的に治療しているくにや整骨院 院長の高橋です。

今回は、陸上競技の短距離における腰痛の原因についてお話ししたいと思います。

 

正しく股関節を使えていますか?

「股関節と腰痛がどう関係するんだ?」と思われるでしょうが、今回はこの関係についてご説明します。

短距離では股関節の使い方が重要になってきます。股関節が正しく使えて脚がしっかりと引き上げられると、ピッチ(回転数)が上がりやすくなったり、ストライドを大きくしやすくなります。

逆に、股関節が正しく使えなければピッチがあがらなかったり、ストライドが小さくなります。

でも、陸上競技の短距離をやるからには早く走りたいですよね?

なので、股関節が正しく使えなくてもピッチを上げようとしたりストライドを大きくしようとします。その結果、体に歪みが生じてきます。

股関節がしっかり動かせない状態でピッチを上げたりストライドを大きくしようとするので、腰を使って無理やり股関節の動きを出すような動作が起こり(これを代償動作と言います)、必要以上に腰を動かしてしまうので、腰に負担がかかってしまいます。

また、股関節が正しく使えないと、股関節の周りにある筋肉たちが代わりに股関節を動かそうと一生懸命頑張ります。そのため周りの筋肉たちがオーバーワークになってしまい、痛みとして出てくるのです。これは腰痛だけではなく、太ももの肉離れなどの原因にもなってきます。

では、どう対策していけば良いのでしょうか?

 

腰痛対策には「腸腰筋」を正しく機能させること!

陸上の短距離における腰痛対策としては、「腸腰筋」を正しく機能させることです。

股関節をしっかり動かすのは、この「腸腰筋」と呼ばれる筋肉です。陸上競技をされていると、誰もが一度は耳にしたことがある筋肉の名前だと思います。この腸腰筋、腰椎(腰の骨)から大腿骨(太ももの骨)に向かって伸びて、脚を引き上げる役割を担っているのです。そのため、腸腰筋がしっかり働いてくれれば、股関節の動きがよくなり、ピッチを上げたりストライドを大きくしやすくなって、腰にかかる負担が軽減します。

「そんなことは知っている」「既にトレーニングで鍛えている」という声が聞こえそうですが、実はこの腸腰筋、当院に腰痛治療で来られた患者さんの多くが正しく使えていません。

なので、腸腰筋を正しく機能させることが陸上競技における腰痛対策になります。

 

チェックしてみよう

手を伸ばした状態にして、膝で手を押してください。この時にお腹のあたりに力が入らない、太もものあたりや股関節の外側あたりがつっぱるなどといった症状がある方は、腸腰筋が正しく使えていない可能性が高いです。

また、普段から腰が過度に反ったような姿勢(出っ尻)の人は、腸腰筋が硬くなっている可能性があります。

 

まとめ

今回は陸上競技の短距離における腰痛の原因と対策についてをご紹介しました。

股関節が正しく使えないと腰を動かしすぎたり、腰回りの筋肉を使いすぎてしまいますので腰痛の原因になります。

なので、対策としては股関節を正しく使えるように「腸腰筋」がしっかり使えるようになるストレッチやトレーニングを選択して行いましょう!

もしお困りのことがあればいつでもくにや整骨院にご相談ください。

  • line