aブログ

栄養のプロに聞いたダイエット法

どうも、こんにちは!

明石市魚住町にあります、くにや整骨院 院長の高橋です。

 

突然ですが、あなたは「ダイエット」に興味ありますか??

 

今回のテーマは、

「栄養のプロに聞いたダイエット法」

についてなんです!!

 

もし、少しでも興味ある方はきっと参考になると思いますから、

ぜひ読んでってくださいね^^

 

特に、

「いろんな方法試したけどうまくいかなかった」

「ダイエットしたいけど、どうしたらちゃんとやせれるかわからない」

「やせても絶対リバウンドしてしまう」

なーんて悩みをお持ちなら、

栄養学的に考えた「ダイエット」を知ってみませんか?!

きっと役に立つはず!!!!

 

ちなみに、

僕も一時期プロのトレーナーとしてプロチームにいたので

栄養学のことは勉強しました

 

が、

 

やっぱりその道のプロは違いましたね笑

僕が勉強した栄養学の常識がくつがえされる内容もあったので

驚きでした!!!

 

とゆーことで、まずは

ダイエットをどのように成功させるか?

についてを考えていきますね^ ^

 

そもそも、ダイエットってどうなれば成功なんですか??

・目標体重に到達した時?

・BMIを適正値まで落とせた時?

・体脂肪率が15%を下回ること?

・見た目で「やせた!」っと実感できた時?

多分、それぞれ目標があると思います。

 

あなたが友達とダイエットを始めたとしても、

目標数値や目指すところは違うと思うんですよね。

 

だから、ダイエットの成功って、

実は人によりけりなんですね。

 

ただ、

ダイエットを成功させるためには

1つだけ共通してる必要な要素があるんですよね。

 

それは、

「筋肉を落とさず目標を達成する」こと!!!!!

まぁ、当然と言っちゃ当然なんですけどね苦笑

 

実は、ダイエットしてる人って

これが意外とできてなかったりするんですよね・・・

 

「私、運動してるし関係ないわー」

とか、

「筋肉成分のタンパク質を多めに取ってるから大丈夫!」

とか思ってるアナタ、ちょっと待った!!

本当に、本当に、大丈夫ですか?!

 

筋肉を落とさず、効率よくダイエットするために必要な栄養素、

知ってます??

 

もちろん!

タンパク質は必要です!!

てか、必須です!!!

でも、本当にそれだけですか???

 

実を言うと、

筋肉を落とさず、効率よくダイエットするためには

「糖質」

が必要なんです!!!!!!!!!!!!!

 

だから、

極端な糖質制限なんかは

筋肉量を減らす原因になっちゃうんだよ~泣

 

まぁ、僕はもともと極端な糖質制限は反対派だったので

(本当ですよ!)

やっぱりねーって感じですけど笑、

最近流行りの糖質制限も、

効率いいダイエットにはならないようで・・・

 

とはいえ、

糖質制限で体重が減らない、ダイエットできない

と言ってるわけではなく、

むしろ短期的には

結構なスピードでやせます!

 

 

が、

 

・・・リバウンドが多い汗

そして、これには栄養学的に理由があるんですって!!

 

なぜリバウンドが多いのか?!

それは、

過度な糖質制限をすると

糖を蓄える肝臓の中でブドウ糖(エネルギー源)が不足しちゃうから、

筋肉の成分であるタンパク質を分解してアミノ酸を作り出すため、

筋肉量が減るんですねぇ↓↓

 

そのせいで基礎代謝が落ちて、太りやすい体になっちゃう・・・

 

た・だ・し!

過度な糖質制限はしなくていいって理解できたからといっても、

糖質を摂取しすぎていいと言ってるわけではないですからね!!

 

あくまで過度に制限しないでねって話。

ダイエットの時の一食の糖質の量は

女性だったら約160kcalまで、

男性なら240kcaまでに設定してくださいね^^

 

これ、具体的にどれくらいかと言うと・・・

 

女性(約160kcal)の目安

・女性用お茶碗 1杯

・コンビニおにぎり 1個

・食パン(6枚切) 1枚

このどれかくらいですかね~

 

男性(約240kcal)の目安

・うどん 1玉

・ゆでそば 1玉 

とかかなぁ。

 

ただし、うどんとそばに関しては、

あくまでも1玉であって、

・きつねうどん

・天ぷらそば

なんかを1人前注文すると

400kcalオーバー!!!!!!!!!

になるので気をつけましょう泣

 

ちなみに

パスタや中華麺は

300kcalを超えるようなので

男性の1食の目安カロリーを越えちゃいますね・・・

 

だから、

半チャンラーメンなんて

むっちゃオーバーするんだろうなぁ、

美味しいのに泣泣

 

 

とゆーことで、

取りすぎはアカン!!けど、

「糖質は大事!!!」

ってとこに気づいていただけましたかね?!

 

ここで、「ダイエット」「リバウンド」の違いを簡単(?)に説明しよう!

「ダイエット」というのは、一つ一つの脂肪細胞がサイズダウンすること

であり、

「リバウンド」というのは、脂肪細胞が空っぽになっている時にいっぱい食べることによって、

脂肪細胞がさらに膨らんでしまう状態になること。

 

ダイエットしたら脂肪細胞がなくなるんじゃないの?!

って思っている人がいるかもしれないけど、

脂肪細胞自体の数は

痩せても太っても変わらないと言われている。

 

だから

ダイエットに成功してやせるのは、

脂肪の数が減ったワケではなく、

脂肪細胞のサイズが小さくなったってことになるんだね。

 

ここで話を元に戻しましょう。

過度の糖質制限をするとなぜリバウンドが多くなるのか?!

 

それは、人間の体って

エネルギー源である糖質が不足すると

筋肉の成分を使ってエネルギーを蓄えようとするから、

筋肉量が落ちて基礎代謝が悪くなり、

太りやすい体になっちゃうから。

 

つまり、

過度な糖質制限をするダイエットは

ご飯やパンなどを我慢しているにも関わらず

リバウンドの可能性が高くなる

ダイエットなんですね・・・

 

さて、ここからは

栄養学のプロに聞いた、

栄養学的に正しいダイエットのお話です。

 

筋肉を落とさずに、効率よく健康的にダイエットをするためには、

何を?

いつ?

どのように食べるか?

が重要になってきます。

 

一例を挙げると、

何を?・・・糖質を

いつ?・・・朝食で

どのように食べる?・・・食べる順番に気をつけて野菜と食べる

ですね。

 

朝食に糖質を摂らないと・・・

前日の夕食から12時間経つと

肝臓にストックしてあるブドウ糖は

残りわずかになります。

 

ちなみに

最初の方でも書いたけど、

ブドウ糖=体や脳のエネルギー源

つまり、朝起きた時には

肝臓にストックされてる体のエネルギー源は

わずかしかない状態なんです。

 

その、わずかなエネルギー源(ブドウ糖)を

全身に運んで体を活動させようと

グルカゴンというホルモンが

脳から分泌されます。

 

まぁ、ホルモンの名前は

気にしなくていいんですけど笑、

どういうことかというと、、、

 

朝ごはんを食べずにいると

肝臓のブドウ糖は空っぽになるから

体はエネルギーを使わないような

「省エネモード」になるので、

これが続くと

痩せにくい体質になってしまうんです!!!!

 

 

朝食に糖質を摂ると・・・

朝ごはん(糖質)を食べると

インスリンが分泌されます。

このホルモンが分泌されると

エネルギー消費モードが

「ON」になると同時に、

ブドウ糖が肝臓に蓄えられ

グルカゴン(あっ、出てきた)の分泌をおさえるので、

「省エネモード」を回避できるんです!!!!!!!!!!

 

つまり、

「省エネモード」を回避できるのは

「インスリン」を分泌する効果がある

「糖質」だけなんですね~

 

果物とか根菜に含まれている「果糖」では

インスリンの分泌を促すことはできないようです・・・

 

そして、ちょっと豆知識。

朝食って英語でいうと

「Breakfast」ですよね。

この「Breakfast」って言葉、

「飢餓を打ち破る」

っていう意味があるんですって!!

だから朝食には飢餓を打ち破り

エネルギーを蓄える

「糖質」

必要なんですね~

 

ただ~~~し、

前にも触れたけど、糖質の摂りすぎはよくない。

 

なぜよくないのか?

それは、糖質を摂りすぎて

肝臓に蓄えているブドウ糖が満タンになると

余ったブドウ糖は肝臓で脂質に変わるんですわー

 

その余ってできた脂質は

血液を通って全身の脂肪細胞に格納されてしまうんです!!

そう、さっき言った

リバウンドでの状況と同じような感じ。

 

糖質制限ダイエットをした後

普通の食生活に戻って糖質を摂取すると、

体は

「待ってました!!!!」

と言わんばかりに糖質を体内に取り込もうとする。

そしてエネルギー源を枯渇させたくないから

肝臓にも脂肪細胞にも

なんとかして形を変えてでも

糖質を蓄えておこうとする

 

だから、脂肪細胞はパンパンに膨らんでしまう・・・

あら、糖質制限してダイエットしても

結局、普通の食生活に戻ったら

体が糖質を一生懸命蓄えようとして

リバウンドしてしまう・・・

 

糖質制限ではなく、

糖質を摂りすぎるような食生活をしていても

同じようなことが起こりますわね。

 

そこで、

栄養学的には食べる順番でダイエットして

血糖値をコントロールしましょう!

という考えのようです。

 

「食べる順番でダイエット」ってどういうこと?!

栄養学的には、

「筋肉をつけるため」の食事の順序と

「ダイエットするため」の食事の順序は

違うそうです。

 

ダイエットするための食事の順番は、

「ベジタブルファースト」

つまり、お野菜を先に食べましょう!

f

なぜか?!

それは、野菜を先に食べることにより、

糖質と脂質の吸収と血糖値の上昇を

抑える効果があるからなんですね~

 

ただ、気をつけておかないといけないのは、

緑黄色野菜

キノコ類

海藻類

などはほぼカロリーゼロなので

量を気にせず食べても良いですが、

・ナッツ類

・オリーブオイル

などは、体に良いとはいえ、

カロリーがあるということ

 

なので、

ナッツやオリーブオイルの

摂りすぎは控えましょうね!!

 

ちなみに、

「オリーブオイルのカロリーってどれくらいやねん!?」

って思った方は、下の比較を見てくださいませ。

・オリーブオイル 111Kcal

・ごま油     111Kcal

・サラダ油    111Kcal

パーム油    111Kcal

・ラード     113Kcal

・・・ちょっと衝撃じゃないですか?!

これ、すべて大さじ一杯分(12g)のカロリーなんですよね。

 

残念ながら、健康には良くても

「油」は「油」

カロリーはほとんど変わらないんですよねー泣

 

一時期、サラダに

オリーブオイルと塩かけて食べてたけど、

あれって健康には良くても

ダイエットにはならなかったってことやな・・・

 

結局、栄養学的に考えたダイエット法ってどうすればいいの??

ここまで、いろいろと

栄養学のプロに聞いてきたことを

まとめてきましたが、

 

栄養学的に考えたダイエットって、

・極端な糖質制限をしない

・朝食に糖質を摂る

・でも糖質の摂取量はコントロールする

・食べる順番を考えて血糖値を抑制する

 「ベジタブルファースト」で!!

・緑黄色野菜、キノコ類、海藻類などは、ほぼカロリーゼロなので量を気にせず食べても良い

・ナッツやオリーブオイルなどは健康にいいけど、カロリーがあるから摂りすぎない

これらのことを心がけていくことだと考えますので、

・悩んでいる

・やれそうかも?!って思った

・ダイエットでリバウンドしたくない

ならチャレンジしてみましょう!!

  • line