aブログ

コルセットを使わず筋トレで腰痛を改善する方法

突然ですが、質問です。

あなた、腰痛お持ちですか?

 

腰痛で悩まされている人は、

世界で最も多いと言われてます。

 

この腰痛で悩まされている人って、

腰痛の原因がわからないまま漠然と

慢性化してしまっている方が多いみたいなんですね。

 

実際、腰痛の約85%は、

レントゲンやMRIなどの画像診断では

原因がわからないというデータもあります。

 

 

そして、

この慢性化してしまった腰痛をお持ちの人は

改善の兆しが見えないからなのか、

装着すると楽になるからなのか、

日頃からコルセットを巻いてます。

 

このコルセットって実は、

腰痛の痛みを改善する効果はないと言われています。

 

が、

 

機能改善にはある程度の効果が認められてるようです。

 

このコルセットの役割って、

筋肉が本来するべき「腰回りを安定させる」という働きを、

筋肉の代わりにすることで腰を安定させる機能を高めているんですよね。

 

だから、

あなたがコルセットに頼らないで生活するためには、

コルセットが担っている役割を

再び自分の筋肉で行う必要があるんです!

 

 

で、どうするのかというと、

 

腰痛を改善させるには

低下している腰回りの筋力を強くしてあげる必要があるので、

筋トレをしてもう一度支えられるように

強化しようというお話になります。

 

しかし、

 

重度な腰痛になって困っている人ほど

「筋トレしたら、腰痛くなるんちゃうか」と

筋トレに対して恐ろしさを感じるみたいで、

なかなか恐怖心や不安を克服できずに

「そのうち腰の痛みがマシになったらやろう

という風に、先延ばしにしてしまうという

悪循環に見舞われています。

 

しかし、腰痛に対する筋トレって

腰の痛みをマシにするもので、

腰を痛くするものではないはずですよね?!

 

腰が痛くなるのは、

やり方を間違っているか

やってる筋トレ自体が間違っているか

負荷が高すぎるか

のどれかですよ、きっと。。。

 

 

そもそも、最近の研究では、

昔僕らが学生の時に散々やった(やらされた?)

上体起こしの腹筋(これね↓↓)

この腹筋自体が腰に良くないという結果が出てきたそうで、

バスケットボールなんかでは、

早速この腹筋は中止になったようですわ。

 

んー、怖いなぁ、、、

よくするためにやってるのに、

結果腰痛には逆効果だったって泣

 

今、小中学生がやってる新体力テストにも

この上体起こしが入ってるみたいだけど、

何年かしたら変わるんじゃないかぁ?!

とゆーか、すぐにでも変えて欲しい!!

 

 

ちょっと話が逸れたけど、

理解して欲しいことは、腰痛を改善させるための筋トレは

スポーツジムなどで行う腹筋運動とは違い、

呼吸を意識して静かに行っていく腹式呼吸の筋トレなんです。

 

そして、この腹式呼吸の筋トレは、

腰の痛みを改善するためには

最も効果的な方法なんです!

ということで、ご紹介していきますね〜

 

腹式呼吸の筋トレ

仰向けの状態で膝を立て、おなかに手を当てて息を吐きつつおなかをへこませていきます。10秒以上かけて行い、慣れてきたらできる限り長い時間かけて行うようにしましょう。

次に逆の腹式呼吸で、同じ姿勢で次に息をゆっくりと吐き、同時に腰が浮かないように注意しながらおなかを膨らませていきます。これもできる限り長く行うようにしましょう。

 

この腹式呼吸ができるようになってきたら、

筋トレをバージョンアップさせていきましょう。

 

どうバージョンアップさせるのか?!

 

いわゆる体幹トレーニングを呼ばれているものの中にある、腹筋を使った

「フロントブリッジ」とか「プランク」と呼ばれる腹筋の出番になります!!

 

体幹トレーニング

フロントブリッジと言われるトレーニングです。腕立て伏せの姿勢で手のひらではなく肘を床につける姿勢が基本になり、そこからおへそを持ち上げて足と肘から手までが床に接している姿勢を維持します。

ただし、体幹の筋力が弱い人はこの姿勢をキープするのが難しいので、まずは足ではなく膝を床につく姿勢で行うことから始めてみましょう。無理なく膝をつけたフロントブリッジが行えるようになったら足を床につける姿勢に移行していきましょう。

10秒を1セットとして無理のない範囲で2セットから3セットを行うと徐々に腰回りの筋肉が付いてきます。徐々にできるようになってくれば、10秒を15秒、20秒と増やしていってください。ただし、最大30秒までで結構です。

 

筋トレによって体幹の筋肉がしっかりしてきたら、

体の中にコルセットがあるような感じになるため、

物理的にサポーターを腰に巻かなくても腰痛改善になり、

ぎっくり腰が起こるリスクも低減できます。

 

まとめ

慢性的な腰痛で日頃からコルセットを使い続けている人って、

腰回りの筋肉が低下している人が多いんです。

 

だから、

コルセットに頼ってばかりいるのではなく

低下している腰回りの筋力を強化するために

筋トレをしてもう一度腰回りが支えられるようにしてあげれば

腰痛の改善に役立ちます!

 

腹式呼吸や体幹トレーニングなどの筋トレをして

体の中に筋肉のコルセットを作りましょう!!!

 

 

まぁ、別にコルセットに頼って生活してもいいんですけどね。。。

 

ただ、

「コルセットがないと腰痛が不安だ」

って思いながら、

夏の暑い日にムレムレするのを我慢して仕事するのって

大変じゃないですか?

 

天然の筋肉コルセットをつけて、

引き締まったお腹になるのもいいと思いますよ!

  • line