aブログ

肘の内側が痛い!?それってゴルフ肘の症状かも

ゴルフをしている時、打つたびに肘の内側に痛みが走って気持ちよくゴルフできない

こんなお悩みを抱えていませんか?

安心してください。

このページを最後まで読んでもらえれば、ゴルフ肘がなんで起こるのか?といったことや施術の方法、セルフストレチのやり方を載せています。

肘の内側が痛い「ゴルフ肘」

ゴルフ肘って言うのは、肘の内側から腕の内側に痛みが出る症状の総称で、専門的には「上腕骨内側上顆炎」って呼ばれてます。

ゴルフをする人に多発するので「ゴルフ肘」なんて呼ばれてますけど、他にも野球(特にピッチャー)、テニス(フォアハンドストローク)、バトミントン、ウェイトリフティングなどの競技でも起こったりしますよ。

要はモノを握ったり、持ち上げたり、手首を使ったりする動作が多くて使い過ぎると起こりますね。

 

肘の外側が痛い場合もある

同じように肘の外側に痛みの出る場合(これを上腕骨外側上顆炎と言います)があります。これは、テニスをする人に多く起こる痛みなので「テニス肘」と言いますが、ゴルフをやっていて肘の外側に痛みが出る場合もあります。

これも、モノを握ったり、持ち上げたり、手首を使ったりする動作が多いと起こります。

つまり、手首を使い過ぎる人に多く起こる障害です。

 

ゴルフ肘って、どんな症状?

ゴルフ肘の症状は、

  • 手首を内側に返す動きをすると肘の内側から腕の内側に痛みが出る
  • クラブのグリップ時に肘の内側から腕の内側に痛みが出る
  • 肘の内側を押さえると痛みが出る

といったことが挙げられます。また、日常生活でのモノを握る、持ち上げるといった動作で痛みが出ることもありますよ。

 

ゴルフ肘の原因は?

  • ゴルフでダフることにより肘の内側のスジを痛めて炎症がおこる
  • 手首を使いすぎる、手打ちのゴルフスイング

などが挙げられます。その他にも、投球、ウェイトリフティング、テニスのフォアハンドなどの運動回数が多すぎる、または運動時間が長すぎるといったことも考えられます。

 

これで痛ければ要注意!!

ゴルフ肘のテストです。この方法を行なって痛みが出るようであれば、症状は結構深刻かも

逆トムゼンテスト

手のひらを床の方に向け、軽く握りこぶしを作って手首を床の方に動かそうとする(青色の矢印の方向)。この時、この動きに対して抵抗を加えて(赤色の矢印の方向)肘の内側に痛みが出れば、ゴルフ肘テスト+(陽性)です。

 

一般的なゴルフ肘の治療で起こる落とし穴

その1:対処療法で問題の根本解決ができていない

痛み止めの注射を打ってもらったという方が多いですが、あくまでも一時しのぎの対処療法ですので、その場は楽になっても、痛みの根本は変わりません。

痛みなく動かせる状態に戻すような対策していくことが重要なんです!

その2:体全体のつながりを見ていない

ゴルフ肘は、肘の筋肉を使い過ぎたから起こるだけではなく、背中や首、胸の関節のズレなども痛みを引き起こす原因にもなるんです。

なので、肘だけをいくら治療しても、残念ながら良くなりません。

ゴルフ肘を治していくためには・・・

まずは、次の3つのことをしっかり行い、肘にかかるストレスを緩和してあげて根本的な解決をしましょう!

1.肘周辺の筋肉のバランスを整えよう!

ゴルフ肘による痛みの原因のひとつは、肘の内側の筋肉が硬くなっていること!だから、しっかりとストレッチをして、硬くなった肘の内側の筋肉を緩めることが必要。

また、手首を内側に動かす筋肉(肘の内側についてる筋肉)と外側に動かす筋肉(肘の外側についてる筋肉)のバランスが崩れていることも痛みにつながるので、しっかりと動きと筋力を強化しよう!

2.背中や首の関節が正しく動くようにする!

さっきも言ったけど、ゴルフ肘は筋肉の使い過ぎだけで起こるのではなく、背中や首、胸の関節のズレなども痛みを引き起こす原因にもなるから、しっかりと体の歪みを整えよう!

3.「痛くなく動かせる」ということを、脳に再教育する!

痛みはすべて脳が感知するもの。物理療法の機械を使いながら、脳を「肘、痛くなく動かせるやん!」っていう風に再教育しよう!

任せてください!

ゴルフ肘の痛みに悩んでいるなら、ぜひ一度相談だけでもしてみてください。当院に来れなくても、何かアドバイスはできると思います!!

  • line