aブログ

【子供の膝の痛み】これって成長痛が原因?!

はい、どうも!

兵庫県明石市にあります、

スポーツ障害を専門にケアしている、くにや整骨院 院長 兼 スポーツトレーナーの高橋です!

 

当院には、膝が痛いと訴えてくる子ども達が多く来られます。

 

特に多いのは、

スポーツをしていて膝が痛くなった、もしくは病院で成長痛って言われました

っていうお子さんですね。

 

そして整形外科さんとかで診てもらった時に、

「この痛みの原因は成長痛だね。安静にしときましょう。」

って言われて安静にしてるけど、

良くならない、、、なんでだろう?と疑問に思われて当院に来られる方が多いです。

 

中には病院で、

「ん~これ、もうちょっとひどくなるようだったら手術しようか」

って言われた子もいましたね。

 

基本的に成長痛(この子はオスグッド病と呼ばれるものでした)で手術

という話はほとんどないんですけどね…

 

っということで今日は、

いわゆる成長痛という、子供の膝の痛みについてお話ししていこうと思います。

 

 

ではまず、成長痛って何か?どんな症状なの?

っていうところから話していきます。

 

一般的に成長痛と呼ばれるものは、

大きく分けて2つに分かれると思います。

 

1つは、幼少期の大体3歳ぐらいから小学校低学年ぐらいの子がなるもので、

夜とか夜中にいきなり何もないのに膝が痛いって言い出して、

ひどい場合は泣き出したりするくらいの痛みが出るようなものです。

 

でも夜とか夜中に膝が痛い痛いって泣くぐらい言ってるのに、

次の朝になったらケロッとして「いってきま~す」みたいな感じで学校に行ったり苦笑

 

もしくは保育園や幼稚園に行かせても、全然普通に他の友達と遊んでる。

昨日の夜はなんやってん!笑

というような感じですよね。

 

こんな感じでちっちゃい子から小学校低学年くらいまでの子に、

夜中によく分からない膝の痛みが出るっていうものですね。

もう1つは、

運動してて膝が痛くなりましたというものですね。

 

こちらに当てはまるお子さんが、当院には多く来られます。

 

当院には、

僕が昔サッカーのトレーナーをしてたということもあって、

サッカーをしてる子達がよく来てくれます。

 

こないだも、サッカーしてる時に膝が痛くなりましたっていう男の子が来てくれました。

病院に行ったらオスグッド、成長痛って言われたということでしたね。

 

この運動してる時に膝が痛くなる成長痛は、

10歳〜15歳くらいにかけてが多いんですけどね、

当院では高校生の子も施術していました。

 

なので、大体小学校の高学年から高校生くらいまでの成長期の子どもたちに多いと思います。

だから成長痛っていうんですね!!

 

この小学校高学年ぐらいから高校生くらいまでの子で

運動してる時に膝に痛みが出る成長痛っていうのは、よく「オスグッド病」と言われます。

 

運動してる時に膝が痛い成長痛っていうのは

成長痛=オスグッド病って感じで一般的には捉えられてると思います。

 

 

ではこのオスグッド病、

いわゆる運動してる時に出てくる膝の成長痛っていうのはどんな症状か、という話をしていきます。

 

例えば、

走ってる時に膝が痛い、

ボールを蹴ったら膝が痛い。

お皿の下あたりが痛い。

もしくは、シュートを打とうと思って踏ん張った時に膝が痛い

っていうのが多く聞く症状です。

 

この膝の成長痛、オスグッド病に関して

今はちょっとサッカーの話ばっかりしましたが、

サッカーだけじゃなくて陸上とか

バレーボール、バスケットボール、野球などの

下半身をよく使うスポーツをしている子たちにも多く見られます。

 

この子たちはみんな、運動してる時に痛いって症状を訴えてくるんですが、

オスグッド病っていうのは痛みの出方に特徴があります。

 

お皿の下のところで、すねの骨の一番上の辺りに

ちょっとポコっと骨の出っ張ったところがあるんですが、

そこを触ると痛いって訴える子がほとんどです。

 

なぜここが痛いかと言うと人間の体は大人になるまで成長期があるので、

大きくなって骨の成長が止まるまでの間は

骨と骨の端の方が、軟骨なんですね。

 

僕たち大人は、もう成長しきってしまったので

もうその軟骨の部分が骨に変わって、これ以上身長が伸びたりすることはないです、

残念ながら笑

 

ですが、子供達っていうのは端の方が軟骨になっていて

そこがちょっとずつちょっとずつ成長していくことによって

身長が伸びてきたり、要は骨が大きくなっていきます。

 

そのすねの一番上のまだ骨になりきってない軟骨の部分に、太ももの前の筋肉がついています。

 

この筋肉が運動しすぎることによって硬くなって、

硬くなることによってストレスがかかって来ます。

そして、そこの軟骨の部分をグイグイグイグイ引っ張っちゃうんですね。

 

硬くなって、伸び縮みする能力がちょっと下がっちゃってるので、

どうしてもその筋肉のついてる部分をグイグイグイグイ引っ張っちゃって、軟骨のところで炎症を起こします。

 

成長期は骨が伸びていくときに、

筋肉の成長が骨の成長についていかなくて引っ張られたりすることもあったりするので

成長痛として現れたりします。

 

要は、このすねの骨の上の部分を僕たちは脛骨粗面と呼んでるんですが、

そこのお皿の下、すねの上の部分の筋肉がついてるところの部分の軟骨が引っ張られて、

炎症が起こって痛みになる。

 

それがいわゆるオスグッド病=成長痛と言います。

ひどい人になってくると

若干軟骨が剥がれてるような感じになっていて、それによって痛みが起こっていることもあります。

これがいわゆる成長痛の原因ですね。

 

そして、

運動した時に膝が痛い、

もしくはぐーっと正座みたいな感じで膝を曲げこんだ時に

そこの部分が痛いという症状が起こります。

でも、

ほとんどの子どもたちは歩くぐらいでは痛みが出ない。

 

だから様子を見てしまうんですけど、

ちょっと走ったり運動すると

やっぱり痛みを訴える

 

僕たち親の立場になると、自分が成長痛を経験していても、

子どものことになると不安になりますよね。

 

だからみなさん、

「この子に運動させて大丈夫なのか?」

「運動させて大丈夫でしょうか?」

ってよく聞いていただきます。

 

これに関しては、結論から言うと症状によります。

 

一般的には、安静にして運動をしばらく中止しましょうと言われます。

が、これは本当に症状や痛みのレベルによるので

一概にみんながみんな膝に痛みが出てるから

運動を禁止しましょう、運動を中止しましょうとは、

僕はならないと思っていますし、しなくていいと思っています。

 

実際に、当院ではこのオスグッド病で来られた方に

「運動させるなって言われたので今辞めさせてるんですが、運動させたらまずいでしょうか?」

と聞かれることがよくあります。

 

でも僕は、症状によっては

「ケアしながら症状を見て、できそうであれば運動をしながら改善していきましょう」

と提案し、運動しながらでも良くなった症例をたくさん作ってきました。

 

ただ、これを個人の判断で

「成長痛なんだから仕方ない」

「成長が止まったら痛みも無くなるんだから運動さしても大丈夫だよ」

と言う安易な考えで

痛いけど我慢してやれっていうのは良くないと思います。

 

確かにずっと放置してても、

成長ととも軟骨の部分がちゃんと成長期に変わって、

成長が終わって、それとともに痛みがなくなったというケースもあるようです。

 

でもそれって、お子さんが成長期の間、

膝の痛みををずーーーーっと我慢させながら運動させるってことですよね?!

かわいそうじゃないですか?

 

膝が痛くなければ、もっと思いっきり練習できるかもしれないし、

もっとパフォーマンスが上がるかもしれない。

お子さんもそのスポーツをもっと好きになれるかもしれない。

 

でも、痛いと動くのが嫌になってくるし、練習も思いっきりできない。

だんだんやる気も失せてくる。

そして、

放置していて成長期が終わっても、結局痛みが残っているというケースもあります。

 

しかし、適切なタイミングで正しくケアをしてあげると、

成長痛の痛みってかなりコントロールが効くんです。

 

成長期なんだから、成長痛なんだから仕方がないよね

って言って無理やり運動させると、

ひどい場合は手術しなければならないケースになったりもします。

 

運動して大丈夫か?大丈夫じゃないか?っていうのは、

やはり個人個人で判断するのではなく、

一度僕達みたいな専門家に診せていただいて

どうなのかっていうのをチェックしてもらった方が良いと思います。

 

 

次にこの成長痛はどうやったら良くなるの?

っていう話をしていきます。

 

一般的に言われているのは、

さっきも話しましたが運動をしばらく中止する、安静にしておくっていうことですね。

 

あとはストレッチです。

オスグッド病の原因っていうのは、

実を言うと骨ではなく筋肉にあります。

 

確かにオスグッド病で痛みが出る部分のは骨の部分です。

 

まだ軟骨が骨に変わり切らない部分で炎症を起こしている、

もしくは

軟骨が軽く剥離してしまったような状態になって炎症を起こして痛みが出てます。

 

でも、これは骨に原因があるわけでも軟骨に原因があるわけでもなく、

実を言うと太ももの前の筋肉が硬くなったことによって軟骨が引っ張られて

引き剥がされるようなストレスがかかることによって痛みが出ています。

 

このように、オスグッド病の原因っていうのは筋肉なので、

この硬くなってしまった太ももの前の筋肉(大腿四頭筋っていう筋肉なんです)を

しっかりストレッチしてあげることによって、

膝の痛みの出ている部位(脛骨粗面)のストレスを減らしてあげる

ということが大事になります。

 

また、その脛骨粗面という部分に炎症が起こってますので

そこをアイシングしてあげるっていうことが

よく言われるオスグッド病の対処の仕方になってきます。

 

ただ当院に来られる子どもさん達、

膝が痛いです、成長痛ですって言って来られる子どもさん達って

実を言うと、

こういったケアの方法や家でやれるようなストレッチの方法を

整形外科だとか、他の整体院さんや整骨院さんで

もうすでに聞いているみたいなんですよね。

 

そして、日々やってるみたいなんですけど、

それでも痛みが取れないと言って、当院にお越しになられる方が多いです。

 

このブログを読んでいただいているあなたのお子さんも、

ひょっとしたら実は病院に行ってもうこんな話は聞いた、

でも痛いから困ってるんだ

ってこのブログを見ていただいてるかもしれませんよね。

 

そういう方には、整形外科とかでは全くもって教えてもらえない、

オスグッドの根本原因についてここからお話ししていきたいと思います。

 

 

さっきもちょっとお話しましたが、

オスグッド病の一番の原因っていうのは

太ももの前の筋肉の硬さです。

 

そして整形外科や整体院で教えてもらった

太ももの前を伸ばすストレッチをしっかりやろうとしますよね。

 

でも痛くてできなかったり、

もしくはやってるけど良くならないという方が多いです。

 

じゃあなんで良くならないんでしょう?

そもそも、何で太ももの前の筋肉が硬いんですか?

 

「そんなん、運動してるからに決まってるやん!」と思ってません!?

まあ、そりゃそうなんですけど笑

 

でも運動してても痛くない子もいますよね。

 

 

じゃあなんでうちの子供だけこんな痛みが出てるの?

 

あそこの子は同じように運動してて、

同じチームに入って、同じように走り回ってるのに

なんであそこの子は痛くなくて、うちの子だけが痛いんだろう?

って思いませんか?

 

 

実はこういう痛みが出る子たちには、

膝の脛骨粗面で軟骨が剥がれかけて炎症が起こってることや、

太ももの前の筋肉が硬くなって脛骨粗面を引っ張ってストレスをかけていること以外の部分に、

本当の問題が潜んでるんです!!

 

それも複数あるんです、、、

 

 

まず1つは、骨盤と腰です。

 

そしてこの話をすると、親御さんに真顔で

「なんで腰や骨盤が関係あるんですか?痛いって言ってるのは膝なんですけど!?」

ってたまに言われます苦笑

 

冗談言ってるんじゃないんですけど、いきなり全然違う話になるので

「はぁ?!」

ってなるようで。。。

 

だから、今からなんでこんなこと言うのか説明していきますね^^

筋肉っていうのは、全て神経に支配されていて

神経からの命令で動くようになってます。

 

当然太ももの前の筋肉も、脳からの神経に支配されていて

この神経からの伝令によって動くようになっています。

 

そして太ももの前の筋肉を支配している神経っていうのは、

全部腰から出てるんですね。

 

つまり、腰の部分がうまく機能してないと太ももを支配する神経がストレスを受けてしまい、

脳からの伝令が筋肉に正しく伝達されず、思ったように動かせなかったりする場合があります。

 

また、筋肉は神経を守ろうとして硬くなる性質を持っているので、

腰の部分で神経がストレスを感じてしまうとそこから先にある筋肉たちは

神経がストレスを受けているために守ろうとして硬くなってしまいます。

 

だから腰や骨盤の機能が悪いと、

なんにもしてないのに太ももの前の筋肉を含めた下半身の筋肉が硬くなるんですよ!

 

実はこういう子どもたちに共通することがあります。

それはなんでしょう?!

 

これは当院に来た子供たちに共通していたことなんですが、

それは、「姿勢が悪い」ということです!!

 

お子さんが椅子やソファに座る姿勢を見たとき、

ものすごい腰を落として猫背になって座ってませんか?!

 

ここまでお話をさせていただくと、

ほぼみなさん思い当たることがあるようで

納得していただけます。

元々腰の配列っていうのは少し前に反るような配列になってるんですが、

こういった腰を落とした姿勢をしている子どもたちっていうのは

座った時点で腰骨の配列が正しい配列になってません。

なんなら立っている時から姿勢がおかしい子もいます。

 

つまり、この腰を落とした姿勢をしている時点で

すでに腰や骨盤がストレスを受けちゃってるんですね。

 

ですから、そんな姿勢をしてる子ども達って言うのは、

腰から下が常にストレスにさらされているような状態です。

 

こんな状態では

いくら太ももの前の筋肉を一生懸命ストレッチしても

いくらアイシングしても、そもそもストレスがかかっているから

全然良くならない。

 

成長痛が良くならないっていうお子さんの場合は、

まずはお子さんの姿勢を見直してみることから始めてみるのもひとつです。

 

そしてもう1つ、

このオスグッド病になられるお子さん達に共通されているパターンがあります。

 

それは「股関節が正しく使えてない」っていうことです。

 

当院にオスグッド病で悩んで来られた方、

膝の痛み、膝の成長痛で何とかしてくださいとおっしゃって来て頂いたお子さん達に共通して言えるのは、

股関節がしっかりと使えてないということなんですね。

 

「股関節が使えてないってどういうこと?!」

「歩いたりしてるんだから股関節動いてるでしょ!」

と言われる場合もあるんですが、

 

ここでいう股関節が使えてないっていうのは

正確に言うと、正しく動かせていないということになります。

 

これはどういうことかというと、

関節を動かす際には、その関節をメインで動かすための筋肉と、

動かすのを補助するための筋肉があり、筋肉に力が入る順番なんかもあります。

 

なので、歩いたり走ったりするためには股関節を前に動かす動作が必要で、

その動作をするためのメインの筋肉がしっかり働く必要があります。

 

この股関節を前に動かす動作をするために一番メインで使う筋肉ってのが、

「腸腰筋」

と呼ばれる、腰骨から股関節に向かって伸びている筋肉なんです。

この筋肉がしっかり働くことによって股関節が前にしっかり動かせるんですが、

オスグッド病になっている子ども達はほとんどが

この腸腰筋を正しく使えてません。

 

そしてこの腸腰筋が正しく使えていないので、

うまく股関節を前に動かせない。

 

じゃあどうすればいいんだ?!ってことで、

この腸腰筋の代わりに太ももの前の筋肉、

大腿四頭筋という筋肉を代わりに使って股関節を一生懸命動かそうとするんですね。

 

この大腿四頭筋っていうのは、膝を伸ばす時にメインで使われる筋肉です。

 

もちろん、股関節を前に動かすっていう動きにも関わるんですが、

股関節を前に動かすのにメインで使うのは腸腰筋であって、

あくまで大腿四頭筋は腸腰筋の働きを助けるために使われるイメージで考えていただければいいと思います。

 

オスグッド病の子ども達っていうのは、

この大腿四頭筋が股関節を前に曲げる時メインで使う筋肉になっちゃってるんですね…

 

つまり、メインで使う筋肉がうまく使えてない状態になってしまい

メインの筋肉の働きを助ける筋肉がメインの筋肉の代わりに使われているので、

この膝を伸ばすことが本来メインの働きである大腿四頭筋が

「股関節を動かさなきゃいけない」は、「膝を動かさなきゃいけない」は、、、

っていうので大忙しなんですよね。

 

そして、大腿四頭筋はてんやわんやの大忙しになっているので、

そのうちオーバーワークになります。

要はもう疲れ果ててしまって、

痛みとして膝に出てるっていうイメージをしてもらうと分かりやすいんじゃないでしょうか。

 

例えるなら、

みんなでひとつのことをやろうとしてるのに1人がサボってる。

だから他の人たちが代わりにやらなきゃいけなくなって負担が大きくなって、

そのうちみんな疲れ果ててできなくなっちゃう、みたいな感じですね苦笑

 

こんな感じで股関節を正しく使えてない状態の子が、

症状としてオスグッド病、成長痛っていう形で出てる場合が多いです。

 

 

こんな問題を抱えた子どもたちをどうやったら良くできるのか?

 

それは、最初にお話した

膝のアイシングや太ももの前の筋肉のストレッチ、

そして運動量が多すぎて痛い場合はちょっと休んで安静にすること。

よりも、

 

まずは正しい姿勢で、しっかりと腰と骨盤の動きが出やすいような状態を作ってあげる。

 

そして、腰や骨盤の問題からくるストレスをとってあげながら

股関節がしっかりと正しく動かせるような筋肉の運動パターンを再構築してあげる。

 

要は、

膝の動きをしっかり出すことよりも、

 

股関節を正しく使えるようにして

膝のストレスを減らしてあげる

 

このことが大事だと思います。

 

 

そして最後に、このオスグッド病=膝の成長痛に関して、

家で出来る事ってあるの?って話をしていきます。

 

お家でできることは、

さっきから話に出ている、アイシングとストレッチがまずメインになってくると思います。

 

ただここでストレッチに関して、一つ問題があるんですね。

 

このオスグッド病を改善するためには太ももの前の筋肉を伸ばさないといけない。

そして太ももの前のストレッチは、膝を曲げて行うストレッチがほとんどです。

 

でも、オスグッド病っていうのは、膝を曲げると痛いんですよね。

なのでストレッチしなさいと言われても、

「膝が痛いからできません」って話をよく聞きます。

 

実際子ども達にストレッチしてるの?って聞くと、

大体してないっていうんですよね。。。苦笑

 

それでお母さんがなんかちょっと横で苦笑いしながら、

「も~、あんたは!」と怒っておられるんですけど、

これって仕方がないんですよね。

 

だって膝曲げたら痛いのに、ストレッチしろって言われたって、

痛いからできへんやん!て話ですよ。

 

お母さんたちも早く直さなあかんから、

「なんであんたストレッチせえへんの」

ってなことをお子さんに仰ったりする場合もあるんですけど、

いやいやいやいや、できないんですって、

膝痛いんだもん。

 

膝が痛いのに、

無理やり膝曲げてストレッチなんかできへんでしょ

っていう話になってくるんですよ。

 

でも整形外科さんや、整体院さんへ行ったり、他の整骨院さんに行った時に、

膝を良くするために太ももの前のストレッチをして、しっかりと緩めといてね

って言われるんですよね。

 

でも膝曲げたら痛いのにそんなことできるわけないやんか、

どないしたらええねん!

ってなってくるんですよね。

 

痛いのにできるわけないやんって言って泣いちゃって、

子ども達は正直なので痛い

→できない

→→無理!

→→→辞~めた!!

ってなるんですよね苦笑

 

だから、お家でお子さんたちにやってもらおうと思うと、

痛みなくストレッチする方法を試してもらわなきゃいけないっていうことになりますね。

 

どうしましょうか??

解決策として当院がおすすめしてるのは、

先ほどお話しした「アイシング」と「ストレッチ」を兼ね合わせてやる方法です。

 

まずは痛みが出てる患部にしっかりとアイシングをしてあげてほしいんですよね。

 

ただよく皆さんはアイシングする時に、

家にある保冷剤を使って冷やしてるってことをよく聞きます。

 

でも当院で指導させていただくときには、

保冷剤は使わないでくださいっていう話をします。

 

なぜかって言うと、

保冷剤っていうのはそれ自体が確かに冷たいです。

 

化学薬品が入ってるのでものすごく冷たくなりますが、

保冷剤自体に熱を奪い取るっていう能力がないんですね。

 

そして、化学薬品なのでものすごく冷えます。

 

なので温度がマイナスにいっちゃうんですよね。

マイナスに行ってしまうと、凍傷を起こしてしまいます。

 

だから保冷剤にはあまりメリットがないんですよね。。。

むしろ保冷剤で冷やすのはデメリットの方が多い、と僕は思っています。

 

なので当院では、しっかりと氷を使って冷やしてください、

氷でマッサージしながら冷やしてくださいねって指導させてもらいます。

これはアイスマッサージっていう、氷を直に当てながら冷やす方法なんです。

 

膝の脛骨粗面くらいの面積であれば、そんなにおっきい氷でなくても十分できます。

紙コップに水を入れて凍らせてもらって、

凍ってできたやつの紙コップの縁をビビビッとハサミで切ってもらって

ビリッとめくってもらうと氷がむき出しになります。

 

全部取っちゃダメですよ!!

下の部分を残しとかないと持つとこが冷たいので笑笑

 

 

そうやって作った氷で、

膝の痛い幹部にゆーっくりとマッサージしてあげてほしいんですね。

 

ただしちょっと注意点!

マッサージする前に、手のひらの熱でちょっと氷を溶かして

ギザギザになってる部分だとかを溶かしてあげてください^^

じゃないと、ギザギザして痛いから笑

 

こうやって少し溶かした状態で、

お皿の下にある骨の出っ張ってる部分(脛骨粗面)を中心に

ずーっとゆっくりと回すような感じで冷やしてあげてください。

 

わかりにくい場合は、痛みの出てるあたりで結構です。

 

氷って0度以下に下がることはないですよね?!

つまり0度までしか下がらないから、よっぽど1時間も2時間もアイシングしない限りは凍傷を起こすことはまずありえません。

そもそも、そんな長い時間アイシングなんかしてられない笑笑

 

そして、氷は水になるときに熱を吸収するという能力を持ってますので炎症を起こしてるところの熱を吸収してくれます。

 

と言うことで、

ちょっと周りがビチョビチョになってしまうっていうデメリットはあるんですが、

それはタオルか何かを使ってビチョビチョにならないようカバーしてもらって、

しっかりと氷で患部を冷やしてください。

 

これ、片方の膝を3分もやれば結構キンキンに冷えます!!

最初は冷たすぎて、やるのがツラいくらい冷えます笑

この方法で最初やってもらうと、結構の子が冷たくて悶絶してます笑笑

 

それを見て笑ってる僕、を見たスタッフに「ほんとSですね。。。」って言われます汗

 

でもね、

こんなツラい思いしてもらってまでしっかり冷やしてもらうのには、ちゃんとした理由があるんです。

 

ストレッチより先にアイシングの話をした理由が、

それもキンキンになるまで冷やす理由が。

 

それは、しっかり冷やすことによって、感覚が麻痺させるためなんです。

感覚が麻痺することによって、痛いって感じる量がかなり抑えられます。

 

なので冷やすことによって、

炎症をとるっていう目的にプラスして、

患部が「痛い!」って感じる感覚をちょっと落とします。

 

その状態で太ももの前のストレッチをすると、冷やす前より痛みを感じずにストレッチができる。

けど、あくまでストレッチは痛くないぐらいの強度でやってくださいね!

 

しっかりと冷やして感覚を麻痺させても痛みを感じるとしたら、それは本来であれば相当な痛みですから!!

 

もし、こうやって冷やした後にストレッチしてもだいぶ痛くて全然伸ばせない場合は、

ストレッチポールだとかフォームローラーっていうものを使って

太ももの前をゴロゴロ転がして緩めてもらったら良いのかなぁと思います。

↑↑こんなヤツです

 

 

このように、お家でのセルフケアは膝に痛みを感じないような状態で太ももの前をストレッチする!っていうことが大事になってきます。

 

そのためにはアイシングとストレッチを兼ね合わせて行ってもらうのが、お家でやっていただける一番の方法かなと思います^^

 

あとは股関節を動かせるようにしていく話なんですが、

例えば運動する場合は、ウォーミングアップの時にしっかりと股関節を動かしてあげるってことをしてから、運動してもらいたいですね。

 

 

ということで、子どもの成長痛

特に運動した時に膝が痛みが出るものに関しては、

「この痛みの原因は成長痛だね。安静にしときましょう」

って言われて何もケアしないということが多いみたいですが、

 

膝の痛みの本当の原因って実は、

成長痛の部分よりも体の使い方、股関節の使い方とか姿勢とかからくる負担や負荷が膝に影響を及ぼしているということなんですね。

 

なので、しっかりと膝の痛みを良くしていくためには、

体の使い方を良くする、

姿勢を正しくする、

運動の負荷をコントロールする、

炎症を抑えてあげるようにアイシングする

しっかりと痛くない範囲でストレッチをする、

ということをやってもらいたいと思います!!

 

もし、やり方が分からないとか良くなんないや~

って言うようなことや、

 

他にも膝の痛みに関してお困りのことがあれば、

LINE@で相談してもらえればお答えいたしますので、

頑張ってお子さんの膝の痛みをとっていってあげましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

成長痛で困っているお子さんのお役に立てれば幸いです^^

  • line