aブログ

朝起きた時に痛い!その腰痛、「腸腰筋」の硬さが原因かも?!

朝起きた時の腰痛に困ってるあなた!

しっかりストレッチしてますか??

 

今回のテーマは「腸腰筋」のストレッチ

朝起きた時に痛い腰痛、その原因の一端を担う筋肉だから、

この記事をしっかり読んで、

腰痛予防に役立ててね!!

 

自己紹介が遅れまして…

明石市魚住町でスポーツのケガと腰痛を専門的に治療している

くにや整骨院 院長の高橋でございます。

 

あなたに、

「腸腰筋」の働きとストレッチ方法を知ってもらい

腰痛予防や腰痛緩和に役立ててもらいたい!

 

なんでこんなことするかっていうと、

自分が腰痛もちやったもんで…

(今は改善してほとんど気にならんです)

少しでも役にたったらいいなぁと思って書いてきます

 

 

まず、いきなり腸腰筋って言われても

「なに?!」

って感じがすると思うから、

まずは腸腰筋の話から!

 

腸腰筋とは?

腰椎(腰の骨)や腸骨(骨盤の骨)から

大腿骨(太ももの骨)に向かって伸びている筋肉

 

主に股関節を曲げるために働く筋肉だから、

歩いた時とか走った時なんかに使う筋肉なんよ。

要は、股関節を前に動かす時に使う筋肉で筋肉なんだ。

 

この腸腰筋って筋肉が硬くなると、

お尻を突き出して腰のカーブがきつくなるような姿勢になりやすく、

(反り腰とか出っ尻とか言われる姿勢)

腰にストレスがかかって

腰痛の原因に繋がってくる。

 

仰向け(上向き)で寝たときに腰が痛い人なんかは、

この筋肉が硬くなって反ってしまっていること

が原因ってことがしばしばあるんだ。

 

だから、朝起きた時に腰が痛い人って、

寝てても腰が反って緊張しているし、

常に腰椎にストレスがかかってるから

起きた時に痛いんだ。

 

また、この腸腰筋は

歩く時の骨盤や腰椎の安定性にも関わっている

だからしっかり伸ばして状態を改善しよう!

 

腸腰筋のストレッチの方法

  1. 背中をまっすぐにして、伸ばす側の膝を床につけて片膝立ちになります
  2. 伸ばす側の腕を天井に向かってつきあげます
  3. お尻に力を入れ、骨盤をおへその方に傾けます
  4. 身体を少し前へ持っていきます
  5. 股関節の前が伸ばされている状態を15秒キープ
  6. 左右交互に2~3回行います

 

 

もし、

伸びている感じがわかりにくかったり、

膝をつくのが痛い人は

こんなストレッチの方法↓↓↓もあるよ!!

 

  1. フォームローラーの上に腰~お尻の辺りがくるように寝転がります
  2. 伸ばしたい方と反対の脚(図;左脚)を抱えます
  3. 股関節の前辺りにストレッチされる感じがでたら、その姿勢を15~30秒キープします。

 

フォームローラー(ストレッチポール)がなければ、

他のもので代用しても大丈夫!

(僕は、座布団を折り曲げて使ってみてって話をする)

 

 

まとめ

歩いたり走ったりするときに

股関節を動かしたり

骨盤を安定させる

そんな役割を担うのが「腸腰筋」という筋肉

 

この筋肉は、

硬くなることによって

・腰痛

・不良姿勢

の原因になるんだ。

 

上向きで寝たときに

腰が布団やベッドから浮く人

なんかは、かなり硬くなっている可能性がある!!

 

朝起きた時に腰が痛い人は、

寝てても腰が反って緊張しているから

起きた時に痛いんだ。

 

だから、今回説明したストレッチをし~~っかり行って

腸腰筋の柔軟性を確保して、腰痛を緩和しよう!!!!

  • line