aブログ

鵞足炎の症状と、セルフケアの方法

こんにちは!

スポーツ障害を専門にしている

くにや整骨院 院長の高橋です。

 

今回は「鵞足炎」をテーマに

症状やセルフケアの方法を書いていきたいと思います。

 

鵞足炎ってどんな症状?

鵞足炎とは膝の下の少し内側の「鵞足」という場所に炎症が起きて痛みが出る疾患です。

鵞足とは薄筋、縫工筋、半腱様筋というふとももの3つの筋肉が集まって骨に付く部分です。3つの筋肉が集まった形がガチョウの足に似ていることからこの部分を「鵞足」と呼んでいます。

 

どういう人がなりやすい?

・ランニングやダッシュ動作の多いスポーツ選手

・バスケットボールやラケットスポーツをしている人

・X脚や膝関節の緩い人

・比較的筋力の弱い人

・女性

・変形性膝関節症を患っている人

 

鵞足炎の原因

鵞足に過度のストレスが加わることが原因です。X脚、膝の緩みは鵞足にストレスが加わりやすく、このような状態で膝の屈伸を繰り返すことにより鵞足に炎症がおこります。単に使い過ぎ(オーバーユース)だけでなく、ガングリオンや骨軟骨腫(外骨腫)などが原因となる場合もあります。

 

鵞足炎の症状

 

・鵞足部に圧痛(押した時の痛み)がある

・膝を曲げると痛みが出る

・運動中や運動後に痛みが出る。

症状が進むと、歩いたり階段を昇り降りするだけでも痛みが出てくるようになる

 

セルフチェックの方法

赤で囲ったあたりに、

・圧痛(触った痛み)があるか?

・膝を曲げた時に痛くないか?

両方の症状があれば、鵞足炎の疑いがあります!

 

セルフケアの方法

当院では、セルフケアとして運動後や痛みのある時にアイシング(アイスマッサージ)をするよう指導しております。

また、鵞足を構成する筋肉(半腱様筋、縫工筋、薄筋)のストレッチを行うことも症状改善の手助けとなります。特に膝を曲げる筋肉として主に働く半腱様筋はハムストリングと呼ばれる筋群の1つであり、この筋肉をしっかりとストレッチするよう指導します。

膝が内側に入ったランニングフォームも膝に負担をかけますので、膝が内側に入らないよう膝とつま先の向きをそろえた正しいフォームを身につけることも大事です。

 

まとめ

鵞足炎とは薄筋、縫工筋、半腱様筋という3つの筋肉が集まる「鵞足」という部分(膝の下の少し内側)で炎症が起こして痛みが出るスポーツ障害です。(一般の人もなりますが・・・

炎症を起こしているので、セルフケアとしては、

アイシング(アイスマッサージ)

鵞足を構成する筋肉(半腱様筋、縫工筋、薄筋)のストレッチ

をしっかりやりましょう!

  • line