aブログ

腰痛を改善させたいなら、まずはこのストレッチから始めよう!

スポーツ外傷・障害と腰痛を専門的に施術している

くにや整骨院 院長の高橋です。

 

まずはあなたに質問です。

先進国の人々の約8割が一生に一度は経験する

と言われているものは何でしょう?

 

 

答えは

ここのタイトルにある「腰痛」です。

 

この腰痛、8割以上は原因がはっきりしていない(ヘルニアや狭窄症、骨折ではない)と言われています。つまり、ほとんど原因がわからないんですね。ただ、この原因がはっきりしない腰痛に対して、ストレッチや運動は効果があると世界各国の腰痛ガイドラインに載っています。そこで今回は、腰痛を改善させるためのストレッチなら、まずはこの筋肉のストレッチからやりましょう!とオススメする方法をご紹介します。実際、当院でも腰痛をお持ちの患者さんには、お家で行うセルフケアとして、まずこの筋肉のストレッチを指導させていただいております。それは、、

「梨状筋」

という筋肉です。

 

梨状筋について

この筋肉は骨盤の真ん中の骨(仙骨)から股関節(大転子というところ)に向かって伸びている筋肉です。坐骨神経の上に乗っかっていますので、この筋肉が硬くなると坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こしたりもします。また、この筋肉は硬くなるだけで腰痛を引き起こすとも言われています。実際、腰痛の人にはこの筋肉の左右どちらかが硬いといった状態が見受けられ、さらに左右のバランスが悪い人が多いと感じます。

 

梨状筋のストレッチ

では、この筋肉を伸ばす方法をご紹介して行きましょう↓↓↓

 

仰向けで寝て、両脚を曲げて膝を立てます。

その状態から、筋肉を伸ばす側の足首を反対の脚にのせてます。伸ばす側の膝を外側に開き、のせた脚が真横を向くようにして下さい。

両手で脚を抱えるように持って、自分の胸の方向に引き寄せます。

骨盤が床から浮かないようにゆっくりと脚を胸の方に引き寄せ、お尻の筋肉がストレッチされているのを感じます。

30秒くらい伸ばしましょう。それを左右3~5回繰り返し行います。

 

腰痛の原因ははっきりしませんが

まずはこのストレッチで梨状筋の左右のバランスと整えながら、

柔軟性を向上させて腰痛改善の一歩を踏み出してみましょう!

 

  • line