aブログ

腰痛予防〜腰の負担を減らすには〜

腰痛は、日本のみならず世界中で悩みのタネになっています。その証拠に、世界各国に腰痛治療のガイドラインが存在します。

今回は、腰痛に対する当院の考え方と、腰痛予防についてお話しします。

 

腰痛はなぜ起こるのか?

腰痛の約8割はレントゲンなどの画像所見が見られず、明らかな原因を特定できないと言われています。

 

腰痛の約8割は明らかな原因がない?!

静止した状態であるレントゲンなどで明らかな原因を特定できないのであれば、次のことが考えられます。

・動き(動作)が正しくできていないので、腰に負担がかかって痛みが出る

・腰回り(体幹)が安定していないので負担がかかって痛みが出る

・関節が正しく機能していない状態にあるか、関節に負荷がかかりすぎているため痛みが出る

・筋力が弱い、もしくは筋肉が正しいタイミングで働かないので負担がかかって痛い など

つまり、大きく分けると「動き(機能)が悪くなっている」「安定性が悪い(体を支えきれない)」もしくは両方が原因で腰の筋肉や腰の骨(腰椎)に負担がかかり過ぎ、腰痛となってしまいます。

 

腰の負担を減らすには?!

動き(機能)を良くする

安定性を向上させる

といったことが必要になってきます。

「動き(機能)を良くする」ためには、腰だけではなく、股関節や背中(胸椎)がしっかりと動いてくれる必要があります。また、体を正しく動かして動作による負担を減らすことが大事です。腰痛を予防するための動作については、「ぎっくり腰は、体の動かし方を変えて予防しよう!」のところに少し載せておりますので、そちらもご覧ください。

「安定性を向上させる」のに必要なことは、体幹やコアと呼ばれる胴体周り(特に腹部周囲)の筋肉がしっかりと働いて体を支えてくれるようにすることです。ここが安定することによって動作をしても姿勢が崩れず、腰への負担を軽減できます。

 

腰痛を予防・緩和するために

まずは股関節や背中の動きをしっかり出せるようにエクササイズやストレッチをしましょう。背中の動きを出すことは肩こりの緩和にもつながります。股関節の可動域が広がり正しく動かせるようになってくると、ひざの痛みも軽減してきます。

そして体幹トレーニングを行い、体幹を安定させて手足を動作させられるようになれば、腰痛の緩和や予防になりますので、無理のない範囲でチャレンジしてみてください。

  • line