aブログ

まずはこれから!坐骨神経痛を緩和するためのストレッチ

こんにちは!腰痛を専門的に施術している

くにや整骨院 院長の高橋です。

 

当院には、腰痛の患者さんが多く来られますが、

腰痛を患っておられる方の多くは

お尻の辺りに痛みが出てますね。

 

腰やこのお尻の辺りに痛みが出ていると、

病院さんでは「坐骨神経痛ですね」

と言われることが多いようです。

 

当院でも

「病院で”坐骨神経痛”ですねって言われました」

とおっしゃる方がおられます。

 

この坐骨神経痛ってなんなのさ?!

 

ってところを含めて今回は、

腰痛にも関わりがある

「坐骨神経痛」

を緩和するためのストレッチをご紹介します。

 

そもそも、坐骨神経とは?

坐骨神経とは、

腰骨(腰椎)と骨盤から出ている神経が一つの束になり、

お尻から太ももの後ろを通って足まで伸びている神経なんですね。

 

ちょっと細かいことを言うと、

「坐骨神経」という名称は太ももの後ろまでになります。

が、神経自体は名前を変えて足先まで伸びているので、

・足が痺れる

・ふくらはぎが痛い

といった症状も坐骨神経痛の症状の一つになります。

 

要は、神経の名称は変わるけど神経自体は腰から出て足先まで続いてるから、

お尻から下の問題は坐骨神経が関連してるんです!ってこと。

 

坐骨神経痛の症状

先ほどもちょっと書きましたが、

「坐骨神経痛」の症状っていうのは

足先からふくらはぎ、太ももの後ろ、お尻の辺りにかけて、しびれや電気が走ったような痛み、強いツッパリ感が現れるようです。

 

ちなみに、またまた繰り返しになりますが

「坐骨神経」はお尻~足先まで伸びている神経

なので、

「太ももの前」に関しては坐骨神経の支配下ではありません。

太ももの前がしびれたり痛かったりする場合は他の問題を疑ってみましょう。

 

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の原因って色々なんですけどね、

主なものとして

・脊柱管狭窄症

・椎間板ヘルニア

があります。

これらは、

脊柱(首~腰の骨)の腰の部分で

神経を圧迫するので坐骨神経にストレスがかかり、

しびれや痛みが出ます。

 

腰に問題がないのに坐骨神経痛のような症状がある場合

レントゲンやMRIを撮っても

「骨に異常がない」

「ヘルニアの疑いもない」

と言われたにも関わらず、坐骨神経痛のような症状が出ている場合ってのがあります。

 

これは、坐骨神経が走っているルート上の筋肉が硬くなって神経を圧迫しているか、

坐骨神経自体の滑りが悪くなって(神経も動くんです!)ストレスをかけている可能性も考えられます。

そこで、腰に問題がないのにも関わらず坐骨神経痛のような痛みが出る方には、次の二つのストレッチをお勧めします!

 

梨状筋のストレッチ

梨状筋という筋肉は、お尻のところで坐骨神経の上に乗っかっている筋肉です。この筋肉が硬くなると坐骨神経痛のような痛みを出すので、まずはこの筋肉をしっかりと緩めてみてください。

 

坐骨神経のストレッチ

神経の周りには鞘のようなものがあって、その中を神経が滑っています。この滑りが悪くなると痛みや痺れの原因になってきますので、神経を動かして滑りやすくしてみましょう。

 

まとめ

坐骨神経痛の原因は色々とありますが、レントゲンやMRIを撮っても骨に異常がなく、ヘルニアの疑いもない場合は、梨状筋のストレッチと坐骨神経のストレッチをして神経にかかるストレスを緩和して挙げましょう。ポイントはちょっとずつでいいので毎日続けることです。

  • line