aブログ

正しくできてますか?腰痛予防の体幹トレーニング

スポーツ外傷・障害と腰痛を専門的に治療しているくにや整骨院 院長の高橋です。

 

突然ですが、

部活をやってる子が羨ましい!

そんなことを思う今日この頃・・・

 

なぜかって?

なんか、痛いのを我慢しても大会に出たい!

上級生が最後やから、自分も先輩たちと頑張りたい!

記録を伸ばしたい!!

って、高いモチベーションを持って運動している話を

整骨院で聞いたりしていると、

 

そんな頃が懐かしい、うらやましい!

自分も今の知識で学生時代に戻れたらなぁって思うんだよねぇ・・・

 

 

しかし、頑張りすぎでケガする人もたくさんいるから、

今回はケガ予防(特に腰痛)に効果的な体幹トレーニングについてお話ししていくね。

 

キミは正しくできてるかい?

サッカーの日本代表選手が行なっていたことで一躍有名になった体幹トレーニング。腰痛予防にも効果を発揮するトレーニングですが、その中でもスポーツをしてて知らない人はいないのではないかと思われるこの方法↓↓

腕立て伏せのような姿勢で肘を床につけ、頭から足まで一直線の姿勢を維持するこのトレーニング(プランクとかフロントブリッジと呼ばれています)、当院に来てくれた中高生でちゃんと出来てた子を見たことがない!

 

 

…ふーん、まぁ、でも俺(私)は出来てるし。

 

って思ってるそこのキミ!ホンマにできてるか一回チェックしてみよう!!

 

 

本当にやり方あってる??

まずは自分が普段行なっているやり方で、このフロントブリッジ(プランク)を20秒でいいからやってみよう。

しんどかった?中高生に話を聞いてると、1分とか90秒とかやってる子が多いから、多分20秒くらいは余裕って人が多いじゃないかな。

では、今度は下の動画↓↓↓通りのやり方で20秒やってみて!特にスタート前の姿勢に注目!!

どうでしたか?たいして変わんなかった人や、そのやり方でやってるって人はOKです。しっかり体幹に刺激を入れることができてるので、そのまま続けてください。

 

しかし、「やばい、キツイ!」「いつもより腹筋がプルプルする…」「あかん、これは20秒もたん」と感じた人は、きっと今までのフロントブリッジ(プランク)のやり方を間違えてた人です。

 

トレーニングは正しく効率よくやろう!

一言で体幹トレーニングといっても、やり方は色々あります。しかしやり方を間違えると腰痛予防やパフォーマンスアップのためにしているトレーニングで逆に腰痛になったりパフォーマンスを低下させてします危険性もありますので、トレーニングは正しくやりましょう!そして正しくできればトレーニングの効率がよくなるので、短時間でしっかりしたトレーニングができるようになってきます。

 

長々とした話を最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

またみんなの役に立つ情報を公開していきますが、もしわからなかったり他のことでも気になることがあるようなら、一度相談してね!

  • line