aブログ

腰痛の原因ってナニ?

こんにちは!

腰痛専門整骨院 くにや整骨院

院長の高橋です。

本日は、腰痛の原因について書いていきたいと思います。

 

厚生労働省の調べによると、実は医師の診察および画像の検査(X線やMRIなど)で原因が特定できる腰痛(これを特異的腰痛という)は約15%ほどで、残りの約85%は原因が特定できないそうです。
この85%の腰痛を非特異的腰痛と言います。

では、腰痛の約85%を占める非特異的腰痛(以下、腰痛症)はどのように起こるのでしょうか?

 

くにや整骨院が考える腰痛の原因とは

当院では、腰痛症の多くは骨盤や姿勢の歪みが原因で起こると考えています。

骨盤の歪みには、骨盤関節の歪みと骨盤の位置の歪みがあります。
骨盤関節の歪みとは、骨盤にある3つの骨(寛骨×2、仙骨)で構成する3つの関節(仙腸関節、恥骨結合)が正しく機能しなくなってしまった状態です。これを骨盤帯機能障害と呼びます。
骨盤の位置の歪みとは、前後左右に骨盤が傾くことをいいます。

骨盤は背骨の土台となる部分のため、ここが歪むと背骨も歪み、姿勢が歪んで腰が曲がります。そうすると歪んだ部分やその周りの筋肉には負担が多くかかり、曲がった部分の筋肉は慢性的に緊張した状態となり、腰痛につながります。また、骨盤や背骨の歪み(関節機能障害)自体も腰痛を引き起こす原因となります。

このような状態が長く続くと骨の変形や組織の変性が起こって更なる姿勢の歪みを引き起こし、最悪の場合、椎間板ヘルニアや脊柱間狭窄症などの特異的腰痛になります。
このため、腰痛の改善には骨盤と背骨を調整して姿勢を正すことが必要となってきます。

腰痛症は腰だけはなく、骨盤の歪みや姿勢と深く関わりあっているのです。腰痛症を改善するためには骨盤を矯正して姿勢を正しくすることが大切なのです。

 

骨盤の関節や位置を矯正して正しく整えることにより、骨盤の上にのっている背骨も正しいカーブを描けるようになり、腰痛を改善することができるのです。
また、最新の医療機器を用いた物理療法、心理学的・脳科学的アプローチなどによる施術も取り入れ、ホリスティック(全体的)な視点で腰痛の問題を根本から取り除いくことが大切です。

  • line