オスグッド

  • 運動したら、膝の下が痛い
  • おさらの下の骨が出っ張って、走ると痛む
  • 病院でオスグッドと診断されて通院してるが、良くならない
  • 練習を頑張りたいのに、痛くて練習できない
  • 成長痛だから我慢しろと言われたが、歩いていても痛くて我慢できない
  • 運動を辞めるように言われた

もし、あなたが上記のようなことでお悩みなら、当院にお任せください!

オスグッドの痛みはひどくなると、運動中だけでなく授業中にじっとしているだけでも痛みが出てきます。

部活やクラブで一生懸命頑張っているお子さんが痛みで練習できない姿を目の当たりにすると、親御さんとしては心がとても辛くなってしまうと思います。

当院では、あなたのお子さんと同じようにオスグッドで悩んでいた子どもたちが改善・再発防止に向かっています。

オスグッドとは?

オスグッド病(Osgood-schlatter-disease)とは、図のようにお皿の少し下の骨(脛骨粗面と言います)がポコッと出てしまう、成長期を代表するスポーツ障害のこと。

10~15歳の子どもにみられ、特に男の子に多い症状になります。

オスグッドで出っ張ってくる骨のところには大腿四頭筋という筋肉がくっついていて、

この大腿四頭筋が硬くなったり、引っ張る力が強かったりすると、

骨(軟骨)が引っ張る力に耐えられなくなり、剥がれて骨がボコッと飛び出してしまうのです。

だからオスグッドのメカニズムとしては、

太腿の前の筋肉が硬くなる

筋肉が骨(軟骨)を引っ張る

→→骨が剥がれかけて出っ張る

→→→痛い(泣)

となります。

病院におけるオスグッドの対処法

  • 「安静」指導
  • 湿布
  • ストレッチ指導
  • 電気療法
  • サポーター(オスグッドバンド)

などが行われているようです。

しかし、ストレッチを教えてもらっても痛くてできなかったり、1〜2か月安静にしてから練習を再開したら、すぐに痛みが再発したお子さんもたくさんおられます。

また、サポーターをつけて運動しても痛みが引かず、逆にサポーターがないと不安で運動できなくなってしまったお子さんも来院されました。

当院のオスグッドに対する考え方とアプローチ方法

当院では、オスグッドの原因を

  • 骨盤や関節の歪み
  • 筋肉のアンバランス
  • 体の使い方

と考えています。

オスグッドによる痛みの原因として一般的なのは大腿四頭筋」という筋肉の硬さです。この筋肉に引っ張られて炎症が起こり痛みます。

ではこの「大腿四頭筋」はなぜ硬くなるのか?

それは、

  1. 骨盤・腰・股関節・膝関節・足首の歪み
  2. 股関節周りの筋肉のアンバランス
  3. 股関節の誤った使い方

が挙げられます。

そこで当院では、オステオパシー徒手医学に基づくスポーツ整体によって骨盤や関節の歪みを調整して体のバランスを整え、関節からくるストレスを軽減します。

その上で炎症をコントロールしながら筋肉の柔軟性を回復させてオスグッドからの早期復帰を目指し、体の使い方や機能を改善するためのトレーニングを指導して再発防止に導きます。

オスグッドは深刻になると、スポーツ活動をしばらく完全に休止したり手術する場合もあります。

また、痛みで思うように動けずに精神的ストレスを受けたり、好きなスポーツが楽しくなくなって辞めてしまうケースもみられます。

もし、あなたのお子さんがオスグッドの辛い症状でお悩みでしたら、まずはお気軽にご来院くださいね。

我々の技術と経験で、きっとお役に立てると思います。

院長からのご挨拶

院長写真

はじめまして!明石市の「くにや整骨院」院長の高橋です!

この度は、数ある整体・整骨院の中から当院のホームページを閲覧いただき誠にありがとうございます。

当院では、あなたの抱える痛みや辛い症状に対して

・根本原因をしっかりと評価して改善につなげる

・再発を予防して、快適な日常生活を過ごせるお手伝いをする

この2つを目的に施術しています。

明石市やその近隣にお住いの皆様が、お体にトラブルがあった時一番に相談できる「駆け込み寺」として、地域に根差した整体院になれるよう、日々施術を行なっています。

「骨は問題ないと言われたが、痛みが取れない」

「どこに行っても良くならない」

「体を動かしたら痛みがぶり返す」

こんなお悩みにも本当の原因を見つけ出して施術し、あなたが【早期回復】できるようなお手伝いをさせて頂きます。

身体の機能や動きが悪くなることは、あなたの健康状態にも反映されます。

当院では、不調の根本原因となる損なわれた「動き」や「機能」を回復することを最も重要視しています。

 

なぜ、身体の「動き」や「機能」を回復することで根本原因を改善させることにたどり着いたのか?

院長写真

なぜ身体の動きや機能を重要視しているかと言うと、私自身の腰痛経験にあります。

幼少期から落ち着きがなく、小学校6年間で毎回通信簿に「もっと落ち着きましょう」とかかれるくらい動き回っていた私は、高校時代に腰を痛めてしまい、その後は運動すると腰が痛くなるような状態でした。

「骨に異常はない」病院ではそう言われて安静にしていたら良くなるのですが、動くとやっぱり痛くなる、その繰り返しでした。

そんな時に出会ったのがオステオパシー徒手医学による整体でした。

「痛み」を追うのではなく「動き」や「機能」を回復させることにより健康状態を高める。その結果、痛みのない最大限の動きができる。

自分の腰痛もよくなった、そんな実体験からオステオパシー徒手医学に基づいて身体の「動き」や「機能」を回復させる必要がある!という結論に至りました。

そして、プロの現場も含めて今まで培ったトレーナー目線での筋肉バランスや動作評価によって、間違った身体の使い方を修正して負担をかけないような身体の使い方を身につけて再発を予防する、私のこれまでの経験を全て出し尽くす施術を試してみてください。

「痛みや辛い症状から解放されて笑顔で日常やスポーツ活動に取り組める、そんな楽しい生活を送っていただきたい」

これが我々くにや整骨院の患者様に対する思いです。

もし、あなたが体のことでお困りなら僕を専属のトレーナーとして扱ってください。

誠心誠意対応させていただきます。

なぜ当院が多くの院の中から選ばれるのか?

12万人が効果を実感した国家資格保持者が行う技術があるからです

「くにや整骨院」では、本当の原因を明確にし、症状の改善・再発防止に導きます

理由その1

骨格の歪み

筋肉の硬化・弱化

腰・肩・膝などの痛みの多くは、骨盤や背骨を含めた骨格の歪みが関係しています。

本来、正しく動くべき関節が日常生活の癖やふとした動作でうごきが悪くなり、骨格の歪みとなります。

そして、歪みが出ることによって筋肉バランスの崩れや神経のストレスにつながり、体の痛みやシビレなどの不調が起きてしまいます。

くにや整骨院では、あなたの歪みや体のバランスを評価し、アメリカでは医療として確立されているオステオパシー徒手医学に基づいた手技による施術をすることで、あなたの腰・肩・膝の症状や機能の改善に近づけます。

 

筋肉の硬化・弱化

理由その2

筋肉・筋膜が硬くねじれている状態

筋肉は過度のストレスを受けると、硬くなったり弱くなったりしてバランスを崩していきます。

姿勢が悪かったり、スポーツや作業で使いすぎることによって筋肉がアンバランスになり、ぎっくり腰や肩・膝などの痛みの原因につながっていきます。

これを整えるには、ストレッチやエクササイズなどで筋肉のバランスを調整して元の良い状態に戻していく施術が必要になります。

くにや整骨院では、オステオパシー徒手医学に基づいて筋肉のバランスを整えることで、あなたの腰・肩・膝の症状や機能の改善に近づけます。

理由その3

間違った体の使い方

骨格の歪み

私たち人間は日常生活を送ったりスポーツをするために、常に体を使っています。

そのため、体の使い方が悪いと日常的に骨格の歪みや筋肉バランスの崩れが生じてしまいます。

どれだけ骨盤を矯正したり筋肉をストレッチしても、体の使い方が悪いと歪みが生じてバランスが崩れ、腰・肩・膝などの痛みにつながってしまうのです。

本当の意味での根本改善をするためには正しい体の使い方を身につけることが必要です。

くにや整骨院では、あなたの体の使い方を矯正して体への負担が少ない使い方を身につけていただく「正しい動き教え屋さん」として症状の改善や再発予防に近づけます。

「心のこもった施術でスポーツ障害にも精通されいてます」

元日本オリンピック協会強化スタッフ

         小山 智士先生

高橋先生は、面倒見がよくて几帳面な性質をもっておられ、それを活かして患者様の痛みや苦しみに耳を傾け、原因を丁寧に探してくれます。 「モノを直すのではなく、人を治す」という当たり前のようで多くの治療家がとかく忘れがちなことを決して忘れずに心のこもった施術をして頂けます。 またJリーグでの経験や医学の知識をもって、スポーツ障害の治療にも精通した優秀な治療家です。 スポーツ障害や整形疾患でお悩みの方は、高橋先生に気軽に相談して頂ければきっと光明が見いだせると思います。

「表面的な痛みだけでなく根本の原因を見つけてもらえます!」

  看護師

          船橋 恵美氏

私は数年前から腰を痛めておりました。他院の電気治療やマッサージでは一時的に楽になるだけだったので、 諦めて行かなくなることもありました。 くにや整骨院では、表面的な痛みを取り除くだけでなく、身体全体を観察して痛みの原因をみつけてくださいました。 座る姿勢ひとつを少し意識するだけでも、ずいぶん調子が良くなりました。 顔は少し怖いですが、とても熱心で面白い先生です!ぜひ相談してみてください。